スマホの自己修理

スマホの自己修理のやり方は?

スマホの自己修理に必要なのは、ドライヤーや硬い素材のカード、吸盤やドライバーです。さらにピンセットや両面テープ、修理したい箇所に必要なパーツを用意します。ドライヤーはスマホの内部を確認するときにバ…

スマホの自己修理で気をつけたいことは?

スマホの自己修理は、当然修理代がかかりませんし機械を触るのが好きな方は楽しみながら作業ができます。豊富な知識の元、一つ一つ確実に修理できるのであれば問題ありません。ただ、修理代の出費を何とか防ぎた…

Xperiaの修理は信頼できる店舗にお願いしよう!

Xperiaの修理は、新型のスマホの修理を専門とする店舗で受付が行われており、バッテリー交換や画面の修復、データ復旧など多種多様なメニューがある店舗も少なくありません。

スマホ修理前にやること

スマホを落としてしまい、画面を割ってしまったり、ボタンが効かなくなったりなど、故障はよくあります。修理に出す前に、やっておいた方がよいことを知っていますか?そこで、スマホを修理に出す前にしておくべきことをご紹介しましょう。

データのバックアップをとる

スマホを修理に出す前に必ずやっておくべきだと言われているのが、スマホ内にあるデータのバックアップを取ることです。修理の内容によってはバックアップを取る必要がないケースもあるものの、スマホ内部の故障…

お財布機能の確認をする

スマホを修理に出す場合、事前に確認しておいたほうが良いことがあります。それはおサイフ機能として知られているスマホ決済用のデータです。各種のアプリなどから支払いをするプリペイドカード式のもの(コーヒ…

アカウントの確認をする

スマホの調子が悪くなったら、なるべく早めに修理に出すことが大切です。そのまま使い続けると不調がさらに悪化し、修理の代金が増額されたり修理期間が長引いたりするおそれがあるからです。修理を依頼できるの…

スマホの自己修理に向いている人とは?

自分でスマホを修理する時の注意点

スマホの画面が壊れてしまった!そんな経験がある人も多いのではないでしょうか。私もそんな1人ですが、メーカーの修理に出すと、そこそこ高額な修理費用がかかってしまいますよね。自分で修理できれば安く済むのに…と思う人もいるのではないでしょうか。確かに自分で修理すると、修理キットの価格だけで修理できますし、メーカーに出すより安く修理できます。しかしながら、自分でスマホを分解して修理すると、メーカーによっては改造を行ったとみなされ、正規のサポートを受けられなくなることもあります。例えば、画面が壊れた際に自分で修理したが、バッテリーが悪くなっていざ交換のためにメーカーに持っていくと、改造しているので交換は受け付けられない、と回答されることもあるので、注意が必要です。

スマホを自分で修理するのに向いている人、いない人

ではスマホの自己修理に向いている人はどんな人でしょうか。まずは、手先が器用な人です。不器用な人が精密機器を分解するのはおすすめできません。さらに、日頃から精密機器を扱うのに慣れている人です。例え画面が割れただけといえども、スマホを一度分解して画面のガラスを交換し、もう一度組み立てなければなりません。分解している最中に、触ってはいけないところを触ってしまう、取り付ける部品を間違えて取り付けた、など思わぬ不具合につながりかねません。もし素人の人がスマホを修理しようと思うなら、精密機器を扱い慣れている人に頼むほうがいいでしょう。 毎日使うスマホですから、壊れるリスクも大いにありますよね。自己修理にはリスクも伴いますが、日頃から精密機器に慣れている人は、挑戦してみてもいいかもしれませんね。